WRITE


あなたの気持ちや考え、夢を書いてください

書くことで、あなたはさらにあなたのハートからのメッセージを受け取ることができます。書くことで、あなたの気持ちや考えは、さらに明晰さを増して行きます。あなたの内に湧いて来る気持ちや考え、夢や希望やビジョンを書いてください。
愛しています☆

 

 

このアセンデッドマスターカードは、ドリーン・バーチュー博士のアセンデッドマスターオラクルカード
アセンデッドマスターオラクルカードを元に作成しています。

  

 

アセンデッドマスターについて(記事)

アセンデッドマスターとは、地上での人生を送ったことのあるスピリチュアルティーチャーやヒーラーの存在です。アセンデッドマスターたちは、人生の目的を理解したり、変化や変革をもたらすための創造の行動への勇気を与えてくれたり、サイキック能力や実現化能力を開発するためのメッセージを伝えてくれたりする☆愛と光の高次存在☆たちです。

それぞれのアセンデッドマスターには、役割や個性があります。ヒーリングをサポートしてくださる存在、実現化能力のサポートをしてくださる存在、次元上昇や人間関係のサポートをしてくれる存在など、など。アセンデッドマスターたちは、それぞれの時代、それぞれの文化、それぞれの宗教などの背景をお持ちですが、アセンデッドマスターたちが存在する次元には、国境も宗派もありません。アセンデッドマスターたちからのサポートを受け取るための訓練などは、必要がありません。☆意識を向けるところにエネルギーが動く☆宇宙の法則。ただ、アセンデッドマスターに意識を向けるだけで、サポートを受け取ることが出来ます。

軽く目を閉じて、身体中の筋肉から力を抜いてください。顎を緩めて、口の周りの筋肉から力を抜いて、舌の力を抜くと、リラックスした状態〜ヒーリングステート〜に入ります。

ゆったりと、宇宙一優しい深呼吸をご自身にプレゼントしてあげてください。たくさん吸って、優しく吐いて。たくさん吸って、優しく吐いて。たくさん吸って、優しく吐いて。

力を抜いた状態で、ご自身の左手の手の甲の上、1センチ位のところに右手を重ねて(サウスポーの方々は、右手の手の甲の上、1センチ位のところに左手を重ねて)「聖母マリア」と言ってみてください。すると、ご自身の右掌の中心部から、聖母マリアのエネルギーが発生し、左手の甲で、何か暖かかったり、ピリピリしたり、ほんわりする感覚を感じられると思います。(サウスポーの方々は、左掌の中心部から、右手の甲へ)

次に、ご自身の左手の手の甲の上、1センチ位のところに右手を重ねて(サウスポーの方々は、右手の手の甲の上、1センチ位のところに左手を重ねて)「大天使ミカエル」と言ってみてください。すると、ご自身の右掌の中心部から、大天使ミカエルのエネルギーが発生し、左手の甲で、何か暖かかったり、ピリピリしたり、ほんわりする感覚を感じられると思います。(サウスポーの方々は、左掌の中心部から、右手の甲へ)

聖母マリアのエネルギーと大天使ミカエルのエネルギー。

感覚は、人それぞれですが、聖母マリアのエネルギーと大天使ミカエルのエネルギーの違いは、感じられると思います。

ご自身にとって、一番身近に感じられる☆愛と光の高次存在☆の波動を感じてみてください。

ブッダ、大日如来、観音、ヨガナンダ、クリシュナ、聖フランチェスコ、マザーテレサ、イシス、ホワイトタラ、ホワイトバッファローカーフウーマン、などなど。

☆意識を向けるところにエネルギーが動く☆宇宙の法則。意図するだけで、アセンデッドマスターたちからのエネルギーを受け取ることができます。

ご自身の身近に感じるアセンデッドマスターのエネルギーを受信し、ご自身自身を癒したり、あるいは、ご自身のご家族、ご友人、周囲の人々を癒して差し上げてくださいませ☆

推薦図書 願いを叶える77の扉―大天使とマスターを呼ぶ

  

私たち、人間存在について(記事)

私たち一人ひとりは、多次元的な魂の存在です。それぞれに、神の似姿として創造され、神的部分も持ち合わせています。

一人ひとりの人間は、肉体、エーテル体、感情体、メンタル体、コーザル体などの部分から構成されています。

肉体は、身体の部分。エーテル体は、経絡を流れるライフフォース(生命力)の部分。感情体は、感情のエネルギーを感じる部分。メンタル体は、思考のエネルギーが流れている部分。コーザル体には、潜在意識〜前世、ファミリーツリー、インナーチャイルドなど〜のエネルギーが流れています。

今ここの時代、人間はメンタル体の進化、成長を体験している、と言われています。

考え方〜視点と認識〜によって、感情が変わり、感情が変わるとエーテル体が変わり、エーテル体が変わると身体が変わります。

よく例に出されること。今ここの目の前に、水が半分入ったコップがあります。「ああ〜、まだ、こんなにたくさんある♪ よかった。嬉しい〜」と感じるか、あるいは、「もう、こんなに無い〜(><。)涙。悲しい〜」と感じるか。事実は、80CCの水がある、ということ。80CCの水が入っているコップを見て、どう認識し、どう自分の感情を動かすか、ということで、肉体の反応が変わります。嬉しい〜♪と感じれば、胸は開き、身体は軽やかになります。悲しい〜(><。)と感じれば、身体は収縮し、重くなります。身体を収縮させ続け、重く感じさせ続けると、果ては、病になったりします。

事実を観察し、自分が事実をどんな視点や認識で考え、どんな感情を感じているのかを知ることで、自分の感じたい感情を選ぶことが出来るようになります。

感情エネルギーは、とてもパワフルです。感謝し、心軽やかに喜んでいる人の側に行くと、自分も何だか軽い感覚を感じたり、怒っている人の側に行くと、自分も何だか重苦しい感覚を感じたり、という経験をお持ちの方々も多い様です。

アセンデッドマスターたちは、スピリットの領域で、私たちのメンタル体〜考え方〜をガイドしてくださいます。“今ここで、私に起こっている状態を、一体どの様な視点や認識で捉えたらよいか”についてメッセージをくださいます。スピリットの領域からのメッセージで、自分の考え方〜視点と認識〜を変えることで、感情も身体も軽やかに感じられる様になります。

アセンデッドマスターたちは、信仰や崇拝の対象ではなく、私たちの魂の佳き先輩であり、佳きティーチャーです。今ここの人生に、チャレンジ(課題)が現れて来た時には、いつでも、気軽にアセンデッドマスターにアドバイスを求めてみてください。

そして、頻繁な対話〜アセンデッドマスターたちに意識を向ける、ということ〜によって、今ここのご自身の考え方、感情、身体の感覚を軽やかにし、ご自身らしさを輝かせていかれてくださいませ☆(祈。So it is.)

  

宇宙の法則について(記事)

ここで言う宇宙の法則とは、エジプトのトート神の教えです。トート神は、ヘルメス哲学を創造した神です。ヘルメス哲学の基本となる7つの法則は、時代を超えて多くの哲学者や思想家、科学者たちに影響を与えています。

様々な分野や視点から解釈され、学ばれている宇宙の法則ですが、ここでは、スピリチュアルな視点からの説明と、毎日の生活の中での実用例などをご紹介させて頂きます。

7つの法則を1から順番に理解されて行っても良いと思いますし、また、7から1へと理解されて行った方が、解りやすいと感じられる方々もいらっしゃいます。どうぞご自身の宝物である自由意志による選択と直観を使いながら、宇宙の法則を楽しまれてくださいませ❤️

1.意識の法則 「宇宙は意識。“全(オール All)”という意識の慈愛に抱かれている」

意識とは、他の言葉に置き換えると、スピリットです。宇宙意識の中で、万物が常に変化変容し、さまざまな体験の味わいを得ています。

例えると、宇宙意識とは映画館のスクリーンの様な存在で、私たち一人ひとりの人生は、宇宙
意識というスクリーンに映写される光のストーリーです。

考え方(視点と認識)の選択肢
  • 宇宙は永遠で、限りがない。私たちは、限りない可能性の海の様な“全(All)”の中に存在している。
  • 私たちが、時間と空間を与えられている今ここで体験することは、次の瞬間には、流れ去って行く。“今ここ”だけが、私たちの意識の活動、活躍、創造の場である。
  • 孤独は幻想であり、私たち一人ひとりの意識は“全(All)”の慈愛のエネルギーで繋がっている。

  

2.呼応の法則 「上にあるもの、下にあるものの如く、下にあるもの、上にあるものの如し」

肉体、エーテル体、感情体、メンタル体、コーザル体など、私たち一人ひとりを構成している領域の違いは、周波数です。例えば、私たちが感じられる色の違いも、周波数です。赤く感じられる光は、一番周波数が低く、ゆったりとした振動数で、長い波形です。紫に感じられる光は、一番周波数が高く、速い振動数で、短い波形です。目に見えない程の波動が低くゆったりとした振動数、長い波形を赤外線と呼び、目に見えない程の波動が高く速い振動数で短い波形を紫外線と呼びます。

それぞれの領域は、調和し、振動の法則、極性の法則、リズムの法則、原因と結果の法則、性の法則で一貫しています。ある1つの領域を深く理解することで、他の領域をも理解することが出来ます。

考え方(視点と認識)の選択肢
  • 「健全なる精神は、健全なる身体に宿る」という格言の様に、健全なる精神は身体を健全にし、また、健全なる身体は精神を健全にする可能性がある。健全さという波動で、自分存在のすべての領域を振動させることも出来る。
  • アセンデッドマスターに意識を繋げ、アセンデッドマスターの様に感じ、考え、行動することで、肉体、エーテル体、感情体、メンタル体、コーザル体の各領域で調和を体験することが出来る。
  • 宇宙の法則を理解し、実践することで、自分の内なる創造力を発揮し、在りたい状態を実現化することが出来る。

  

3.振動の法則 「万物は常に動き、振動している」

今ここで、すべては動き、循環し、再生しています。回転~循環~が、生命を可能にしています。

地球の自転の速度は、毎秒約500メートル。公転の速度は、実に毎秒30キロメートル。1秒ごとにマザーアースは、30キロメートルも動いています。

私たちの身体は約60兆個の細胞で構成されている、と言われて来ましたが、近年発表された論文では、約37兆個という数字がほぼ証明されたそうです。さまざまな研究結果も、日々、年々、更新されている様ですので、参考までに留めて頂けましたら幸いです。

1つの細胞から46回の細胞分裂をして構成された私たちの身体の細胞分裂は、この世に生を受けた後も絶えず休むことなく続いていて、カラダのどこかで傷ついたり寿命が来た細胞は、1秒間に500万個、1日では5,000億個が死を迎え、そして、それと同じ数の細胞が新しく生まれ再生している、と言われています。

筋肉や肝臓などでは60日周期。心臓では22日周期。胃腸では5日周期。常に細胞分裂が行われ、古い細胞が死に、新しい細胞が誕生し、もっとも時間を要する骨の再生は、90日周期で骨全体では3~5%が順番に新しく生まれ変わっている、と言われています。

物質や肉体の領域でも、驚く程の速さで常に動いています。エーテル体、感情体、メンタル体、コーザル体のさらに波動の高い領域では、さらに速いスピードで動き、振動しています。

それぞれの領域で波動の低いエネルギーを意識的、あるいは、無意識的に選んでしまう時、振動を遅滞させたり、停滞させてしまう場合があります。

肉体の領域では、息を詰めたり、運動をしなかったり。エーテル体の領域では、マッサージなどをせず、リンパ液を滞らせたり。感情体の領域では、感傷的になったり、悲しみや怒り、不安や失望から離れられなかったり。メンタル体の領域では、自分を責めたり、人と自分を比較して判断やレッテル貼りをして、自分を小さく感じる考え方を選んだり、反対や争いをする考えを選んだり。コーザル体の領域では、前世、ファミリーツリー、インナーチャイルドの癒されるべきエネルギーを癒していなかったり。

私たち人間の本質に宿る波動は、愛と至福と感謝の波動です。循環し、再生し、常に動き、知的好奇心から気づきを得たり、創造の衝動から、何かを創ってみたりしながら、喜びを味わいます。

今ここで、自分の内に何かひっかかる感覚、足止めや停滞のエネルギーを感じたら、ご自身にとって一番身近に感じるアセンデッドマスターに意識を繋げ、“私は今ここで、癒され、解放され、自由になる決断をしました。今ここで、私に最善のメッセージをください。”と質問してみてください。すぐにメッセージが届けられる場合もありますし、あるいは、暫く時間の経った後、最善のタイミング、最善の場面でメッセージが届けられることもあります。

波動同調の法則。ご自身の内なるすべての領域での波動を上げながら、心軽やかに、愛と至福と感謝の波動を体験されつつ、ご自身の在りたい状態を創造されてくださいませ☆

考え方(視点と認識)の選択肢
  • 今ここの自分にとって、気持ちが良く感じる考え方や言葉を選んで使う。例えば、「責任感」と言って、身体の反応を観察すると、多くの方々が「重苦しい感覚がする」を感じる(約2割の方々は、しゃきっ!と気持ち良く感じる、とのことなので、その場合は、責任感という考え方を持っていて大丈夫です。)一方で、「誠意」と言って、身体の反応を観察すると、「気持ち良く、すっとする感覚がする」と回答されるため、その場合には、責任感という考え方を誠意に入れ替える。
  • 許し、癒し、浄化に意識を繋げ、許し、癒し、浄化に関連する考え方を取り入れる。例えば、「誰かを許せない」と考え、感じている方々の多くは、背中(ハートチャクラの後ろ側)が凝っているので、「私は、〜〜さんを許し、〜〜さんに自分を傷つけることを許可してしまった自分を許します」というアファメーションを実践するか、あるいは、天使達に「私の代わりに〜〜さんを許してください。私は、自分自身を癒すことに専念します」と祈ることを選択し、考え、感情、身体の変化を観察する。
  • 決して自分を責めず、誰とも比べず、罪悪感を解放し、自分の個性、特徴、長所を活かす考え方を取り入れる。今ここは、すべてが動いていることを知り、過去のデータを更新し、今ここで、自分自身が気持ち良く、幸せを感じ、笑顔になる喜びと成長の波動を選ぶ。

  

4.極性の原理「あらゆる物に両面があり、両極がある。両極は度合いの違いだけで、同じ性質である」

暑い⇆寒い、愛⇆憎しみ、安心⇆不安、信頼⇆不信、豊か⇆貧しい、嬉しい⇆悲しい、健康⇆不健康、美味しい⇆不味い、感謝⇆不遜、好き⇆嫌い、調和⇆不調和、辛い⇆楽、明晰⇆不透明、幸福⇆不幸など、すべての質(クォリティー)は、両極を持っています。

寒い、と感じられる人は、暑さを感じることが出来ますし、愛を感じられる人は、憎しみを感じることも出来ます。マザーテレサは、「愛の反対は、憎しみではありません。無関心です。」とおっしゃいましたが、それは、憎しみを感じられる人は、愛を感じることも出来ますが、無関心な人は、愛も憎しみも感じることは無いことを意味されています。

つまり、ある質を感じることが出来る人は、その最高の極を感じることが出来ます。今ここで、最低の極を感じていても、同じ質の最高の極が存在することを知っている場合、自由意志によって、最高の極を体験する選択をすることが出来ます。

今ここで、不幸と感じている場合、幸福という反対の極性の存在を知り、幸福であることを選ぶことも出来ます。すべては、半分真実であり、反対である半分の真実が存在します。矛盾は一致され、両極は中和され、調和に向かって動いています。

私たち人間は、被創造者でもあり、創造者でもあります。光が粒子でもあり、波動でもあるのと同じ様に、「どちらも、真なり」。一方が正しく、もう一方が間違えである、という状態は、半分真実の状態です。一方が正しく、もう一方も正しい、という状態が調和の状態です。

考え方(視点と認識)の選択肢
  • 「出る杭は打たれるが、出すぎた杭は、尊敬される」という視点を持ってみる。自分の長所をさらに伸ばし、相手の長所に意識を向ける。互いの長所を活かすことで、win-win(両者が勝者)を体験してみる。
  • 建設的、生産的、成長に繋がる視点を持ってみる。今ここの現状は、一過点に過ぎず、変化変容のプロセスにあることを知り、自分と相手の成長と発展、互いの特徴が活かされ、開かれ、上昇していく質の極性を選び、観察する。
  • 今ここで、何かが立ち行か無いと感じている場合、自分の内で感じている質の極性を上げる確認をしてみる。寒さより暖かさを、憎しみより愛を、不安より安心を、不信より信頼を、貧しさより豊かさを、悲しみより喜びを、辛さより気持ち良さを、不透明さより明晰さを意識的に選んでみる。自分の選ぶ視点と認識によって、気分や身体感覚が変容していく様を観察してみる。
5.リズムの法則 「何事にもリズムがある。振り子のように左右に揺れ、浮き沈みがある」

呼応の法則、振動の法則、極性の法則と深く繋がり合っているリズムの法則は、すべてが動き、変容し、質の両極を上がったり、下がったりしている状態を司っています。

人生のサイクルは、季節の様に、あるいは、寄せては返す波の様に、生と死を繰り返しながら、循環しています。メトロノームやペンジュラムの様な振り子の動きと言うよりも、巻貝や羊の角や渦巻きや蔓が伸びていく様なスパイラル、螺旋のエネルギーの動きです。

上がったら下り、高揚したら落ち着き、動いたら休み、行ったら返ってくるスパイラルの動き。「祭りの後の侘しさ」を感じることを選ぶことも出来ますし、「祭りの後に、次の年の祭りの計画」をしながら、さらに楽しいワクワク感を感じることを選ぶことも出来ます。

収縮と拡張を繰り返し、私たちの身体中に血液を送ってくれている心臓の動きの様に、生命は収縮と拡張のリズムによって織り成されています。ジャンプする前のしゃがみこみや行動の前の計画期間など、静と動のリズムで生命が躍動しています。

気分や感情が落ちたな、と感じる時、今ここで収縮のエネルギーが働いていることを知り、次の飛躍や躍動に意識を合わせて、さらに高くジャンプする意図を選ぶことが出来ます。

考え方(視点と認識)の選択肢
  • 「幸せのPDCA」を実践してみる。PDCAとは、プラン(P)→行動(D)→チェック・振り返り(C)→改善された行動(A)のサイクル。今ここの人生での自己実現、人間関係、経済(仕事)、魂の成長の各分野で、味わいたい体験のプラン(意図・祈り)をし、実際にやってみて、振り返り、“ああ、そうか。こういう意図の仕方、祈り方だと、こういう体験・現実が現れて来るのだな”との気づきを得て、今ここの自分にとって、さらに佳いであろう意図の設定、祈りをしてみる。
  • 押してもダメなら、引いてみる。引いてもダメなら、押してみる。押しても、引いてもダメなら、手放して、委ねてみる。一つの考え方、行動の習慣が立ち行か無くなったと感じたら、他の考え方、行動の習慣を試してみる。
  • 「在るがまま、今ここの自分意識は全(オール)と共にある」を感じながら、自分の長所も短所も、相手の長所も短所も、今ここの自分の人生に現れて来た苦も楽も、すべてを受け入れる感覚を持ってみる。生命、自然のエネルギーのスパイラルアップを感じ、観察してみる。
6.原因と結果の法則「どの原因にも結果が在り、どの結果にも原因がある。チャンスとは、原因の知られていない結果である」

今ここの人生で、私たちが味わっている体験〜出来事〜には、原因があります。原因があり、結果が現れて来ます。何か辛い体験が今ここの人生に現れる時、“どうしてこんなことが、、、”と原因を探り、二度と同じような辛い体験をしない様に思考エネルギーが働きますが、私たちの今ここの人生に現れて来る出来事の原因は、過去世やファミリーツリー、インナーチャイルドなど潜在意識に入っている情報に拠ることが多いです。つまり、原因を探っても、原因が明らかにならない場合が多い様です。

トート神は、「原因を探るよりも、今ここのあなた自身を癒し、原因を創ってください」と伝えてくれます。原因を創る、とは、私たち人間の最大の宝物である自由意志による選択を発揮し、今ここで、自分を癒し、解放し、自由になる決断をしたり、在りたい状態に意識を向けて、祈ったり、アファメーションを実践することです。

過去に囚われず、自分自身を悲しみや苦しみや自分自身の限りない可能性を制限する考え方を手放して、創造者としての自分自身の能力を発揮していくことをトート神は促してくれます。

考え方(視点と認識)の選択肢
  • 鏡に映った自分の眼を見ながら、「今のまま、このままの自分を愛しています。」というアファメーションを1日に3回実践してみる。良薬口に苦し。言ってみて、気持ち悪く感じるアファメーションは、とても効果があるため、気持ち悪さをスルーして、続けてみる。続ける内に慣れてきたり、平気になって来たり、感情を込めて言える様になった時に現れて来る出来事を観察する。
  • 何かに抗ったり、反対する、という考え方や行動は、向かってくるエネルギーに対しての打ち消しのエネルギーになり、消耗する場合が多いため、何かに反対したい場合には、「反対の反対を賛成する」という原因創りをしてみる。マザーテレサの「私は、何事にも反対しないので、反戦のスピーチもしませんが、愛について語れというのであれば、何時間でもお話ししましょう。」を参考にしてみる。
  • すべての出来事や体験には、学びと気づきがある、という視点を持ってみる。インフルエンザなどの病気に罹ったら、病気を忌み嫌ったり、病気になったことに落ち込むのではなく、「今ここで、インフルエンザは、私に何を気づかせ、学ばせてくれるのだろう」と感じ、病気の体験が与えてくれるメッセージを受け取り、次の原因創りに役立ててみる。
7.性の法則 「どんなものにも男性性と女性性のエネルギーがある」

人間として男性でも女性でも、一人ひとりの内には、女性性のエネルギーと男性性のエネルギーが存在しています。

女性性のエネルギーとは、受動的、閃き、アイディア、創造的、内に向かうエネルギー、磁気的、消極的、右脳のエネルギーです。男性性のエネルギーとは、能動的、行動的、外に向かうエネルギー、電気的、積極的、左脳のエネルギーです。

例えば、アセンデッドマスターたちや天使たちからのメッセージを受け取ろうとする時、まずは、男性性のエネルギーを使って、質問をします。発するエネルギーです。次に、女性性のエネルギーを使って、感じ、直観からメッセージを受信します。質問をした後、よく観ようとしたり、聴こうとしたりすると、それは意図を発している男性性のエネルギーを使っている状態なので、メッセージを受信出来なくなっていしまいます。ただ感じる、という自分から何の意図も発していない状態、ただ受け入れる、という静の状態が、女性性のエネルギーを使っている状態です。

質問を発したら、すぐに受信〜受け入れ、ただ感じる〜状態にするとアセンデッドマスターや天使たちからのメッセージを受け取ることが出来ます。0101010、、、のコンピューターの様ですね。

女性性のエネルギーと男性性のエネルギーをバランスよく使うことで、体験を創造していくことが出来ます。直観や閃きからアイディアを受け取る、という女性性のエネルギーを使い、次にアイディアを行動計画に整理し、1つずつ実践して行く、という男性性のエネルギーを使います。閃きやアイディアだけでは、創造に至らず、閃きやアイディアが無ければ、計画や実践をするコンテンツを得ることが出来ません。例えて言うならば、ご自身の内なる女性性がタレントで、男性性がプロデューサーの様な存在です。自分の内なるタレントとプロデューサーを創造チームに見立て、調和とバランスの内に、ご自身の創造力を発揮されてくださいませ☆

考え方(視点と認識)の選択肢
  • 女性性のエネルギーを成長させるために、誰かからお褒めの言葉を頂いたら、“ありがとう”と受け取ったり、誰かから“お手伝いしましょうか”と提案されたら、断らず、辞退せずに、“ありがとう”という感謝の気持ちと共に相手からの厚意を受け取ってみる。また、男性性のエネルギーを成長させるために、誰かに親切心からの行動をしてみたり、誰かを励ます発言をしてみる。受信と発信の体験を日々、実践して自分の内なる女性性のエネルギーと男性性のエネルギーの感覚を掴んでみる。
  • ヒーリングエネルギーを送ったり、天使たちから受け取ったメッセージを伝えたり、祈ったりする、という愛(男性性の発するエネルギー)の癒しと共に、相手の気持ちを受け取ったり、相手の辛さや悲しみをただ聴くことや相手のすべてをただ受け入れる、という慈愛(女性性の受け入れるエネルギー)の癒しが存在することを知り、自分自身や周囲の人々の癒しの実践をしてみる。
  • 頭の真ん中にある第三の眼(松果体)に意識を置き、その地点から、右脳と左脳をメビウスの輪で繋ぐ意識を実践してみる。右脳(直観)と左脳(論理性)の調和とバランスが取れていく感覚を感じてみる。

ここまで、お読みくださって、ありがとうございます。アセンデッドマスターたちの精妙なエネルギーを体感し、メッセージを意識的に受け取り、ご自身のマスター性の解放にお役立て頂ければ幸いです☆

それでは、どうぞ今日も引き続き、アセンデッドマスターたちに意識を向けながら、ご自身の創造力を発揮され、素敵な体験の味わいをお楽しみくださいませ☆

☆愛と祈りと感謝をこめて☆

With lots of loving lights and laughter,
☆溢れる愛の光と笑い声と共に☆

White Crow 
ホワイトクロウ

*Original Purity*(オリジナル・ピュリティー)
〜人間が生まれ持って来た限りない可能性の光〜

はっとり ゆきえ

TOP